SSブログ

風疹 流行 2013 3月 [ニュース]

スポンサーリンク




風疹 流行 2013 3月

風疹 流行 2013 3月について

風疹の流行が2013年3月になっても終わる気配がありませんね。

関連記事はこちら
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/rubella/

ニュースでも取り上げられていましたが、妊娠初期の女性が風疹にかかると、生まれてくる赤ちゃんが
『先天性風疹症候群』という病気になってしまいます。
『先天性風疹症候群』はどんな病気かと言うと・・・
★先天性心疾患
★難聴
★白内障
生まれながらに赤ちゃんにこのような障害が出てしまいます。

そして2013年3月の風疹の流行の状態は、国立感染症研究所がまとめてくれています。

3/27現在で、

●すでに約2500件の風疹罹患報告がされています。(1枚目のグラフ)

●流行の地域は東京や神奈川などの関東近郊の大都市圏、大阪・兵庫の関西圏ですね。(3枚目のグラフ)

●圧倒的に大人の男性が多く罹患し、30代半ば~40代半ばの人が群を抜いて多いですね。(5枚目のグラフ)

●女性は20代が多く罹患していて、まさに妊娠適齢期の方々の占める割合が多いですね(6枚目のグラフ)

http://www.nih.go.jp/niid/images/idsc/disease/rubella/2013pdf/rube13-12.pdf
(参考:国立感染症研究所)

この流行は2012年の6月ごろから始まったようで、2012年の終わりには2353件の報告があったようです。
これは前年2011年の報告数(371件)の6.3倍!
しかも今年2013年ではまだ第12週ですが、すでに2012年の終わりの数字に近い2021件の報告がされています。

感染は飛沫感染です。
熱や発疹が治まっても、5日間くらいは感染力を保ったままだそうです。

症状が治まったように見えても感染力はありますので、外出を控え、人との接触をなるだけ避けたほうがいいでしょう。

グラフをご覧になりました?
いつまでこの流行は続くのでしょう?

この急角度で患者数が増えている状況を見ると、どうやら簡単には流行は収束しなそうですね・・・。
いつまで続く分からない風疹の流行ですが、風疹の罹患を防ぐにはやはり予防接種。
予防接種はお近くの内科や小児科で受けられるはずです。
一度お問い合わせをされてみてはいかがでしょうか?

大事なことは

うつらない(予防接種)&うつさない(外出・接触を避ける)

ですね!




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FX取引の管理画面

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます